concept

パーパスドリブンを実現するための、最も重要なイシューは、

「パーパスをどう策定するか」ではなく、「どうやれば組織が動くのか?」

ビジネスシーンで「パーパス」の重要性が語られています。
現状維持バイアスの突破、社員エンゲージメントの向上、社会からの要求の変化、にむけて「パーパス」の重要性はますます高まるでしょう。
しかしパーパスを現場で実践してきた立場から言えば、パーパスをきれいな言葉でつくったとしても、現状がよくなることはありません。

なぜなら、パーパスにおける最も重要なイシューは、「パーパスをどう策定するか」ではなく「どうやれば、パーパスにむけて組織が動くか」だから。

時間とコストをかけて策定した「パーパス」を絵に書いた餅にしないために、パーパスの策定とドリブン「どうやれば組織が動くのか?」を一体で考えていくことが大切です。


DAIALECは、組織開発の数多くの現場実践経験と、大手広告会社とチームを組みインナー・アウター一貫のブランド開発事業を通じて得たノウハウ、パーパスドリブンを実現するうえで必要な各領域のプロフェッショナルなネットワークなどで、パーパスの策定からドリブンまでサポートします。
 

definition

私たちが考えるパーパス

パーパスを対話のなかで顕在化し言葉や形に変えていく

パーパスは、組織のなかで暗黙の前提となっていたり、価値が見えにくくなっていたりするもの。
そもそも、なぜ、の深い対話のなかで、顕在化していきます。
そして、その思いを組織が共有できる、わかりやすい言葉や形に変えていくことも大切。インナーからアウターまで一貫して考える必要があります。

パーパスと社員の想いがつながっていること

ben.gif

インナー

ブランディング

アウター

​ブランディング

パーパス

時間やコストをかけ綺麗なパーパスを策定しても、多くの場合、パーパスにむけ組織が自律的に動かない壁にぶつかります。

原因はパーパスと取り組む当事者の社員の想いが紐づいていないから。

社員が主体的に取り組むことができて、初めて、パーパスは社会や組織にインパクトを与えます。

パーパスの策定から実践まで一体で考える、サポートする

DAIALECのコンサルティングは、組織のパーパスを顕在化する組織開発ノウハウにくわえ、形化に必要な多様なプロフェッショナルとワンチームでサポートすることが特徴です。

組織で働く人々が大事にしている価値や想いを丁寧にヒアリングし齟齬なく形にかえる。そして実践サポートまで、パーパスドリブンをサポートします。

evaluation

パーパス経営を評価する「理解レベルと実践レベル」

パーパス経営の進捗は、社員のパーパスに対する「理解レベルと実践レベル」の両軸で評価することが重要です。
(組織のパーパスへの理解が高まり、それに応じて実践がおきている状況を評価)
パーパスドリブンは、その全体像を踏まえつつ、組織の実態に合わせてデザインしていくアプローチです。

実践レベル

purpose_evaluation.png

1理解→2納得→3共感の割合が増える

3常態化してる
  ↑
2成功している
  ↑
1実践している

浸透度

※浸透レベルは、社員の認知状況だけではなく、日々の業務のなかでの実践状況を含んで評価

理解レベル

process

パーパスドリブンの支援プロセス

purposeflow04.jpg
 

サービス

Service

PDC_Service.jpg

パーパスドリブン・コンサルティング

パーパスの設定と組織の自律的なドリブンまでを一体で考え、その「設計から実践」までご提供します。

社員が会社や仕事に意味や価値を感じられるパーパスを社員と一緒に作り、具体的な実践までをご支援します。

Addthree_Service.jpg

ADD THREE

数多くの組織開発をご支援するなかで接した、中小企業の経営者のお悩みから生まれたサービス。

企業を成長させるには、幅広い課題の解決が必要になります。そのための人的リソースを独自で抱えることは無理があります。

その様な悩みに、組織開発からマーケティングまで、「多様な専門領域を持ったコンサルタント3人1チーム」で対応するサービスです。

TAKIBI_Service.jpg

TAKIBI Meeting

組織において本音で話し合えていない。という悩みをよく聞きます。

肩書や役割・立場がはっきりしている組織において、それは簡単なことでありません。

組織における本音の対話を実現するために、話し合う環境・プロセス・場つくりまで一貫してご提案・ご支援するサービスです。

その他 多様な領域のコンサルティングをご提供しています。

・ミッション、ビジョン、ブランド構築・再定義

 

・ファシリテーションご支援 

・対話・変革ナレッジ提供

 

・社内PR用の映像コンテンツ支援サービス

 

・組織変革・風土改革支援サービス

 

・キャリア、セカンドライフ支援

・新規事業サポート、共同事業開発

 

・EC・デジタルマーケティング導入支援

 
抽象水

パートナー・協力会社

Comrade Introduction

kitamoc_logo.jpg
asno_logo.jpg
170530_sc_logo(四角).jpg
A6F0D364-754A-4BF6-82C5-0DBF36889730.jpg

有限会社きたもっく

アスノシステム株式会社

株式会社スコラ・コンサルト

東大阪プロジェクト

かわべクリニック

キャンプ雑誌の読者が選ぶ日本No.1キャンプ場に幾度も選ばれた「Sweet Grass」とASIA DESIGN PRIZE 2021にてGRAND PRIZEを受賞した企業研修施設「TAKIVIVA」を運営する有限会社きたもっく。
そのきたもっくと共に、今の時代に求められる企業研修と、研修を成功裏に導くための事前準備からアフターフォローまで含めた合宿支援サービスをご提案していきます。

システム開発を本業としつつ、国内最大級の貸し会議室検索サイト「会議室.com」、会議の効率化などの情報メディア、「会議HACK!」などを運営。今の時代に対応した企業向け会議室の新しい可能性を見いだす取組にチャレンジしています。
本音での対話や多様な働きかたをサポートする企業向け施設の開拓・開発や、企業の様々なニーズに応じた最適な施設をご提案していきます。

DAIALEC代表の辰巳が前代表として所属していた組織風土改革のパイオニア、スコラ・コンサルト。30年以上の組織風土改革の経験やナレッジ・そして多様な経験と強みを持つ仲間とともに、中小から大企業に至るまであらゆるシーンの組織風土改革をご支援させていただきます。

DAIALECが開業時のミッション・ビジョン作りから携わってきた医療クリニック。真の患者最適を実現するために看護師を中心とした新しい医療体制を組むなど今までにない斬新な取り組みで注目されています。その取組と在宅医療の現場で患者や家族と向き合ってきた経験から、もっと多くの人に元気なうちから「生きる意味」を考えてもらいたいと立ち上げたのが東大阪プロジェクト(HOPE)。

 

DAIALECについて

About Us

01

会社紹介

会社概要と代表経歴

02

ミッション・ビジョン

DAIALECが大事にすること

03

PR

過去の掲載​・関連記事一覧

 

お問合せ

Contact Us

お問合せを受け付けました!